庭師の考える現代の庭、問いかけ

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧




こたつ茶会

茶会とは本来閉じた場で行われるものです。これは茶室が狭いという意味ではなくて一旦茶室に入ってしまえば、外界とは縁のない空間で茶事が進行します。ここには亭主がいてお客さんもいて、たとえ親しい間柄でも雰囲気は公というか公共性のあるものです。
話し変わって自宅でこたつに入る場合。寒い季節ですからここも基本的には閉じた空間ですが、公共性はあまりありません。こたつのメンバーというものは家族か親しい友人であることが多くとても気安い雰囲気で使用されるものです。初対面や全く知らない人とこたつに入ることは稀です。
相容れない茶会とこたつですが、あえて組み合わせて「こたつ茶会」として開きます。どんな茶会になるでしょうか、いや、茶会とは言えないかもしれませんが興味のある方はどうぞお出かけください。


日時 平成26年1月12日(日)、13日(月・祝)
    11時~17時(予約不要)
場所 奈良市高畑 空櫁



f0355473_20255982.jpg

[PR]



by tsuchiyasakutei | 2013-12-21 19:56 | 茶道

農作業と庭仕事

農業をしている先輩二人の収穫祭に参加してきました。今年は就農30周年の年でささやかなお祝いもありました。
日常の農作業の話を聞いていると、植物を扱うという点では同じでも立ち位置の違いを感じることがしばしばあります。特に天気に対する捉えかたに差があって、庭仕事でも天気は重要ですが、それは作業の都合から見た天気であることが多く、雨が降れば中断で上がれば再開となります。ところが農作業では作物から見た天気を気にしているので、雨が降れば畑仕事はお休みでも、その畑に降った雨の量、頻度によってその後の段取りが変わります。いわば雨も農作業の一部分のようなものなので中断とは異なります。天候の影響を受けやすいというより、その中にいるわけなのです。この辺りが庭仕事と異なります。大変な仕事ですが、彼らからは”食べ物を作っている”強さと自負を感じるのです。

f0355473_20255899.jpg
f0355473_20255869.jpg

[PR]



by tsuchiyasakutei | 2013-12-02 22:23 | 庭仕事の周辺

奈良で庭の仕事をしています。
by tsuchiyasakutei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

こんにちは。私もお気に入..
by MAKI at 08:41
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 05:41

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

茶会の後は庭仕事
at 2017-06-09 23:15
大茶湯
at 2017-05-20 23:59
街路樹色々
at 2017-05-17 22:29
お茶の話(H29新春)
at 2017-03-05 21:30
こたつ茶会(H29)
at 2016-11-14 17:47

外部リンク

ファン

ブログジャンル