庭師の考える現代の庭、問いかけ

2014山ノ上マーケットを終えて

今年は天気に恵まれて・・と、思いきや、おやつ時に大雨が来てお開きとなってしまいましたが、それでも多くの方に来ていただいて鎌田君共々喜んでおります。
土かま作庭所の茶席に御来店くださった方、遅ればせながらありがとうございました。

f0355473_09425595.jpg

一般に茶会とは茶室という閉じた空間で行われるものです。茶室の広さも様々ですが狭くなればなるほど意識は内へ内へと集中して密な空間の中でおのずと緊張感も高まってきます。道具の鑑賞もより細部へと目が届くのも自然なことです。
一方屋外で行う茶会は野点(のだて)と呼ばれて開放感を味わうもので,細かいことはさておいて、おおらかな気持ちでゆったりと茶を楽しむ。これが野点の魅力です。
今回の林の茶席も屋外ですから野点と言えますが、林の中の席に座るととても落ち着きます。これは屋外といっても野原のように完全に開放されているわけではなく、木々によって空間がゆるやかに閉じられているからだと思います。意識が外に発散することもなく、かといって緊張感を覚えるほどでもなく、その程よさがそう感じさせるのでしょう。
屋外ですが閉じられている、林の茶室。夏にはもってこいの一席でした。


[PR]



# by tsuchiyasakutei | 2014-09-14 09:36

山ノ上マーケット2014

今年も昨年同様に”庭づくりかまた”の鎌田さんと”土かま作庭所”を結成し出店致します。
マーケットに来られて、休みたくなったら、涼しさが恋しくなったら林の休憩所にお越しください。
おいしいお茶とお菓子を用意してお待ちしております。
f0355473_12180770.png
林の休憩所の入口
f0355473_12193411.png
林の中  茶席に至る道

[PR]



# by tsuchiyasakutei | 2014-08-15 13:07 | 茶道

テンテン仕上げ



「ここは苔がいいな」と思っても、どうしようかなと迷うことがあります。苔の生育は環境、管理によって大きく左右されるので大面積に植える時にはリスクが伴います。持ってきた当初はいいのですが枯れてなくなってしまうこともあるからです。では、「この場所にあった苔がつくのを待とう」と、土のままというのもいいのですが少々時間がかかります。その中間がテンテン仕上げです。ローリスクで失敗してもダメージは少ない。環境が合えば苔着きも早い。ただ、当初の見かけがあまりよくないので仕上がりの完成度を高めたいときは難しい。店舗では無理ですし、個人宅でも勧めるには少々気が引けます。
この冬に作った庭で「ここは苔がいいな」というところがありました。どうしようかなと、思いながら庭づくりを進めていく過程でここは自然とテンテン仕上げになりました。そういうことってあるものです。
先日、作庭後二ヶ月ぶりに訪問したらテンテンがしっかり根付いておりました。これからの成長が楽しみな庭です。

f0355473_21540787.jpg


[PR]



# by tsuchiyasakutei | 2014-08-04 21:58

土屋作庭所通信 平成26年 初夏号

通信は年に二回発行してお客様に手渡ししています。
今号は自宅の庭の変遷についてまとめました。
紙面が足りずなかったためブログにも掲載致します。


「好きなようにやったらええ」
とても立派な住宅街で自分には似合わないと思いつつも、平屋のたたずまいに魅かれてここに住んでもう9年経ちました。それまで住んでいたところが何かと手狭になってきて新たな物件を探し始めて半年。ようやくこれぞという家に巡り合えました。庭のある家ということも条件の一つでこの家には庭がありました。どんな庭でも良かったといえば語弊がありますが、仕事柄庭のある家に住むのが本筋だろうという思いはあったのです。そして、庭の世話はもちろんするけれど、できれば少しいじってみたいという希望もありました。大家さんと初めてお会いして、だいたい話がまとまったので「この家の庭を少し変えてもいいですか?」と、たずねたところ「あんた、庭の仕事しとるんやろ。好きなようにやったらええ」と。この一言から我が家の庭づくりが始まったのです。

一次改装
最初の状態は日本庭園風といえばよいでしょうか。松、マキやシュロまであり、その周辺にサツキとツゲの丸い刈り込みがところ狭しと植わっていました。まず、この刈り込みを何とかしなければならないと思っていましたが、これら刈り込みの向こうに石があるとは最初は気が付きませんでした。当初はそれほど繁っていたのです。まずは、この石と刈り込みの整備から始めました。石は1.5mほどのものが二つ。とにかく見通しよくすっきりとした庭にしたかったので、この石の使い方には迷いました。庭の面積にしては不釣合いなほど大きいのでどうしても目立ってしまうのです。立てれば鬱陶しいし、寝かせたとしてもうるさいに違いない。搬出するのも大仕事になるのでどうしようかと考えて、結局一つの石は埋めることにしました。完全に埋めてしまうのではなく、なるべく平らな一面だけを地表に出して大きな飛び石のようにしてほとんど隠してしまうことに。そして、もう一つは寝せてなるべくおとなしく据えようと。やってみるとこれがうまくいきました。埋めた石は面が見えても大きさを感じないので存在感はほぼなくなり、もう一つも寝せてだいぶおとなしくなりました。刈り込みの植木は、移植して透かし仕立てにしました。これで、広さと見通しが確保されて、まずは良しというところまで進みました。
f0355473_17545639.jpg
引越し直後の様子。 植木が繁りすぎていました。

f0355473_17542869.jpg
一次改装後 石と木の配置換えで広くなりました


二次改装
次は門の周辺です。門は玄関のほぼ正面にあり、これがお向かいの玄関と向かい合わせになっています。ガラッと開けるとお向かいと目が合うこともしばしば。仲良くして下さるので別に問題はないのですが、見え過ぎるのも情緒がないので簡単な目隠しが欲しいところ。一本植木を植えれば済むのですが、玄関から門は鉄平石で造られた階段があって土がありません。この階段もいいのですが、やや味気ないという気持ちもあったので、この階段周辺の改装をしました。
既設階段の幅は広く、歩くだけならこれほどの広さはいりません。つまり、歩くのに必要な幅の階段を中央に作ればその両脇は空いたスペースができる。ここに木が植えられます。階段の素材は塀に合わせて大谷石とし、更に鉄の門を自作の木製に付け替えました。
この改装工事の変化は大きいものでした。外からの印象、内からの印象共にとても柔らかなものにかわりました。毎日通るところですからその変化を日々確認したということもあるでしょう。
f0355473_17551973.jpg
当初の門の様子。 広いですが木を植えるところはありません。

f0355473_17554468.jpg
二次改装後 木製門と緑で柔らかな雰囲気になりました


三次改装
二次改装で思いはほぼ達成されたと思っていましたが、門周辺が変わってきたら、一次改装した庭が気になってきました。広くはなったものの、雰囲気は以前と大きく変わりません。庭の雰囲気は樹木で作られるもので、ここには当初からあるマキが鎮座しています。マキは庭木として重用されていますが、当家の庭は柔らかで自然な方向に進んでいたのでどうも合わなくなってきていたのです。どうしようかと思っていたところ、同業者が引き取ってくれることになり、これをきっかけに三次改装に踏み切りました。
今回は主に植栽による改造です。私は山野草が好きですがこれらの草は一般に日陰を好みます。この陰を作るために高木落葉樹を選びました。アカシデとメグスリノキです。この二本を中心としてツリバナやナツハゼ、イボタノキなどを植えました。あわせて庭に接していたブロック塀を板塀で隠すと景色が門からつながりました。
f0355473_17564664.jpg
現在の庭の様子。大分落ち着いてきました。


その後
「庭はどう作ったかというより、どう管理していくかの方がより大事」とは、私が常々思っていることですが、これがよく現れるのが地面です。簡単に言えば草の管理です。
改装直後の地面といえば土一色の味気ないもので、雑草の緑が目に優しく抜くのをためらうほどでした。それが、一二年で苔が薄っすらと生えてくると、雑草への愛情も薄くなります。かといって全ての雑草を抜くかというと、それも大変なことで、私の場合、目に付いたものを抜くという感覚でやっています。それも、まとめて一度にするよりは、少しずつ長く。やっていて思うのは雑草にもブームがあるのかな、ということです。ある年はスズメノカタビラが多いかと思うと、翌年はツメクサ、次はコニシキソウといった具合。感覚的なものですが、私には気がつかない庭の変化を草から感じることもあり、面白いものだと思っています。
こう振り返ると庭とは生長して、変化していくものだということを改めて感じます。私自身の造作による変化はもちろんですが、小さかった木が大きく鬱蒼としてきたり、大事にしていた草がなくなり、脇役が主役になっていたりと様々で、中々思うようにはいきません。でも、自然と人間の間で右往左往する庭師という仕事に愛着を感じるようになってきています。




[PR]



# by tsuchiyasakutei | 2014-07-05 22:21 | 通信

galerie 瑲

庭の改装工事をしました。4/25にオープンした奈良市中登美が丘「galerie 瑲」の庭です。
営業日は木、金、土曜日。お近くをお通りの際は是非お立ち寄りください。おいしいお茶とお菓子も用意されています。

f0355473_23443414.jpg

[PR]



# by tsuchiyasakutei | 2014-06-18 23:44 | 奈良

奈良で庭の仕事をしています。
by tsuchiyasakutei
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

こんにちは。私もお気に入..
by MAKI at 08:41
実はブログが出来てからお..
by skuna@docomo.ne.jp at 05:41

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

古民家の庭
at 2017-10-08 18:48
H29庭工事その後
at 2017-07-31 23:29
茶会の後は庭仕事
at 2017-06-09 23:15
大茶湯
at 2017-05-20 23:59
街路樹色々
at 2017-05-17 22:29

外部リンク

ファン

ブログジャンル