茶事

f0355473_20255189.jpg
この春に茶事なるものを開いてみました。お客様を少人数でお招きして点心、濃茶、薄茶と一通り準備。でも、世間で言うところの正式な茶事とは趣がかなり異なります。茶席も専用の茶室ではなく、道具も茶道具として作られたものは茶碗、茶杓ぐらいのもの。でも何でもありの無茶はしていません。道具組み、趣向などは筋を通しているつもりです。千家を頂点とした流儀の茶道はさすがとは思うものの、自分が取り組むものとは思えず、身の丈にあった茶というものに興味があります。歴史、伝統は参考にするものの道具、趣向などは借り物でない、自分に嘘のない範囲でやりたいのです。今回の茶事は自分なりの茶のひとつの試みです。お金のかわりに手間と時間をかけましたが、その過程が茶の楽しみだったように思います。
[PR]
by tsuchiyasakutei | 2012-05-02 21:57 | 茶道

自分なりのお茶、そして現代のお茶って、どんなだとしっくりくるだろうか?


by 土屋裕
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30