大茶湯

大茶湯といえば秀吉が開いた北野大茶湯が有名です。
茶の湯執心とあれば身分を問わず参加せよとのおふれ。
この時の茶席は1000もあったとか。

大正の頃に益田鈍翁が開いた御殿山茶湯も知られています。
ただ、こちらは誰でもというわけではなく15の茶席がかかり、参加者は当時の紳士淑女500人ほど。
特筆すべきは我が尾州久田流の祖、下村実栗もここで一席もったこと。
「茶味の点より云えば、この席が当大茶湯の圧巻なり」と評されました。

さて、今年で8回目となる京都吉田山大茶会。
出展数は40ほど。茶席だけでなく茶葉の販売など様々で開放的な雰囲気が魅力です。
f0355473_22340381.jpg
私は昨年に続き2回目の参加。
軽トラを乗り入れて私なりの茶味で一席設けます。
皆様のお越しをお待ちしております。


H29.6.3(土)、4(日)
京都吉田神社境内






[PR]
by tsuchiyasakutei | 2017-05-20 23:59

自分なりのお茶、そして現代のお茶って、どんなだとしっくりくるだろうか?


by 土屋裕
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30